テレビ 価格 安い

テレビを買い替えたい方は多くいらっしゃると思います。2020年には東京オリンピックがあり、せっかくであれば、良いテレビで観戦したいものです。しかし漠然とテレビを買おうと思っても、何を基準にすれば良いか分かりません。出来れば価格が安い方が良いのでしょうが、画面が小さかったり、荒かったり、すぐ壊れてしまう様ではいけません。その為に選ぶ基準を決めておきましょう。基準となるには、アナタが何をしたいかがまず大切な基準になります。スポーツを観戦する事が多いのであれば、画面は大きく、動きに強いテレビがオススメです。映画を鑑賞する事が多いのであれば、解像度が高く、音にもこだわりがあり、画面を観る角度か広くても見やすいものが良いです。ゲームをする事の方が多いのであれば、テレビが持ちうる全ての仕様が良いものが良いでしょう。逆にあまり使用頻度が高くないという方は、どこまで妥協出来るがポイントになります。

価格が安いテレビでも欲しくなる機能性

価格が少しでも安いとなると、テレビの機能性は削られていきます。しかし、ここまでは妥協出来ないという機能もあると思います。その機能だけは外さずに、安くテレビを探しましょう。具体的にはどんな機能が譲れないのでしょうか。画面サイズを妥協できない人もいらっしゃいます。臨場感が無いと困る、安っぽく見えない様に等の理由があります。解像度を妥協できない人もいらっしゃいます。美しい作品を美しいまま観たい、画面の粗さが我慢出来ない等の理由があります。応答速度を妥協できない人もいらっしゃいます。スポーツの動き1つ1つを観たい、ゲームで反応速度を要求されるから等の理由があります。画面を美しく観える視野角度妥協できない人もいらっしゃいます。大勢でテレビを観たい、隅々まで画面を観たい等の理由があります。音にこだわりたい方の場合は、外部スピーカー等で対応出来るので、そこまで重視する必要は無いでしょう。

価格が安いテレビを買うコツを伝授

欲しいテレビが決まれば、どうすれば少しでも安いテレビが買えるかが気になります。それにはコツがあります。まずは、安く買える時期がある事を知らなければいけません。雨の日や天気の悪い日が実は狙い目なのです。家電量販店の中には売り上げのノルマが厳しく設定されている店が多く、客足が遠のく天気の悪い日でも売れる様に安くする場合があります。また、新製品のテレビの入れ替え時期も狙い目です。6月~9月に新製品が出やすいです。他のコツとは、店員さんと交渉する事です。そして交渉は会話だけではありません。何度も足しげく通い、顔を覚えてもらいます。そして、他店の価格等も覚えておきます。そこからが会話での交渉です。店員さんに安くして欲しいとだけ伝えましょう。印象を悪くするので、ここでは他店の価格等は言いません。店員さんも他店の情報は常に仕入れているので、買って欲しい場合は、他店よりも安くしてくれます。